FC2ブログ
スポンサードリンク
HOME > 経済情報 > 速報 デフォルト回避!!

速報 デフォルト回避!!

スポンサードリンク

  

どうもデフォルト回避したようですね。

米政府デフォルト回避へ 債務上限引き上げ案、両院可決
朝日新聞 http://www.asahi.com/international/update/1017/TKY201310170035.html
a21Dj2013_000395.jpg
  【ワシントン=五十嵐大介】米議会の上・下院は16日夜(日本時間17日午前)、米政府の債務(借金)上限を来年2月7日まで引き上げ、政府の一部閉鎖も 解消する法案を可決した。オバマ大統領は法案にすぐに署名すると明言しており、米政府の債務不履行(デフォルト)が回避された
 債務上限は、17日の期限ぎりぎりの16日深夜に引き上げられることが決まった。上・下院を通過した法案では、来年1月15日までの暫定予算を成立させることを通じ、10月1日から続いている政府機関の一部閉鎖も即時に解消する。
 与野党は同時に、赤字の削減策などについて協議する委員会を作り、今年12月中旬までに報告書をまとめることでも合意した。
  焦点になっていた、オバマ政権の目玉政策「医療保険改革法」(通称・オバマケア)の扱いについては、「医療保険に加入する際に補助金を受ける人の所得確認 を厳格化する」という微修正にとどまった。共和党が求めていた、正副大統領や連邦議員、議会スタッフらを補助金対象から外すことは、盛り込まれなかった。
 上院はこの法案を賛成81票、反対18票の大差で可決。下院は、賛成285票、反対144票だった。



あーあー。テステス。
皆さーん。どうもデフォルトが回避されちゃったようです。

mad-max-road-warrior-blu-ray.jpg

ワタスも先ほど疎開村の連中に緊急放送をしていますた。

疎開村の連中が今か今かとスタンバっていて、後ちょっと連絡が遅れたら、
危うく者どもがスーパーマーケットなどを急襲するところですた。
危ういところでの回避。
ホッとしています。

うーん。
このように我々だけの新通貨も用意していたのに。

o0500035312717739630.jpg

デフォルト回避とは。なんたることでしょう。

以下のような動画が出回っています。
どうもオバマさんがブチ切れてティーパーティをボコボコにしたからのようです。

このティーパーティーの茶坊主野郎!ぐだぐだ言ってんじゃねぇ!

ドアを蹴りあげるオバマさん
9b86df6c.gif

机を投げ飛ばすオバマさん
obama-knocks-over-podium-o.gif

な、なんて、暴力的な大統領なんだ。。

どうもティーパーティーを暴力でねじふせて解決したようです。
何たる解決策でしょうか。

とかなんとか。
まぁ、これは、良くできた合成写真なのですが。

まぁ、しかし。
今回の、デフォルト回避。
どっちにしろ同じことです。
デフォルトは突然死、デフォルト回避は衰弱死。

そもそも、デフォルトするもしないも、元々無尽蔵にお金を刷る権利を持ってる訳です。
いくら借金しようが自分でお金を刷ってその返済に当てればいいだけです。
通貨発行権さえあれば理論的にはいつまで経ってもデフォルトはしないのです。

ただし、そんなことばっかりやってると、
他の国とか市場参加者から、あの国は紙幣を刷りまくってて信頼できない。

そうやって愛想をつかされて、米国債の信頼がなくなる=売り払われる。
米国債暴落という事実上のデフォルトが起きるだけです。

それが急激に来る(デフォルト宣言)か、じわじわ来るかの違いだけなのです。

以下は、米国債の格下げをしたというニュース。
米国債は怪しい=市場参加者が信頼しなくなったというニュースです。

【ニューヨーク=佐藤大和】欧米系格付け会社フィッチ・レーティングスは15日、最上級の「トリプルA」としている米長期国債の格付けについて、近く格下げする可能性のある「クレジットウオッチ」に設定すると発表した。米与野党の財政協議は17日に債務上限の引き上げ期限を前に難航し、「米国債には債務不履行(デフォルト)となるリスクの増す可能性がある」と判断した。
 格付けの見通しには「ウオッチ」と「アウトルック」の2種類があり、ウオッチは、格付け見直しに踏み切る切迫度がより高い。フィッチは財政協議の進捗や合意内容を見極めて、格下げの是非を決める。
 仮にデフォルトが発生すれば、米国債の格付けを「RD(限定的なデフォルト)」に引き下げる見通し。そのうえで債務不履行の状況を解消した段階で、新しい格付けを付与する。
 現時点ではムーディーズ・インベスターズ・サービスも米国債のトリプルA格付けを維持している。一方、スタンダード・アンド・プアーズは2011年夏に「ダブルAプラス」に引き下げた。



まぁ、デフォルトせずとも事実上のデフォルトに向けてじわじわ来ているのです。
10年物や5年物などはさほど反応はないですが。(10年物は2.7%台で推移)

短期の米国債は、利回りが急騰しています。
金利が上がるというのは、つまり、米国債が売り払われてるということです。

昨日16日の時点の数値
1ヶ月物 : +20.8%
3ヶ月物 : +41.4%
6ヶ月物 : +23%

3ヶ月物などは0.66%、昨日34bps上昇。 
201310162225524d6.jpg


ちなみに以下は、1929年の大恐慌時代。
1929年10月24日の「暗黒の木曜日」(Black Thursday)の時の株価チャートと2012年から現在までのチャートがそっくりだという指摘。

赤線 世界大恐慌の時 (1928年1月~1930年4月)のダウジョーンズ株価指数 (左軸)
黄緑線 2012年5月から現在までのダウジョーンズ株価指数(右軸)
2013101600310006f.png


チャート分析における世界の第一人者として広く知られているトム・デマークさんが、米国株式市場の下落 に関する記事を載せています。
「マーケットは、あともう一度くらい高値を狙いに行くだろう。その後は恐い展開になるかもしれない。
最近高値を更新するたびに、取引に名を連ねる銘柄(または取引高)が減少傾向にある。
これは値崩れを起こす時におきやすい現象である。」

※以上、ロンドンFX http://londonfx.blog102.fc2.com/blog-entry-3431.htmlさんより引用



まぁ、デフォルト回避しようが、なんだろうが。
この分では11月頃でしょう。

いずれにせよ状況は変わらないと思っています。
我々は、このままモヒカン刈りにしつつ遠目で状況を見守ろうと思います。

本当にありがとうございますた。

・直近イベント
12月2日(金)人類の未来と闇の権力者の実態 in渋谷 元と学会

スポンサードリンク

 

FaceBookページ始めますた
人気ブログランキングに登録してます。ただいま3位!
↓1日1回応援クリック


関連記事
[ 2013/10/17 16:12:01 ] 経済情報
  最新記事
 応援クリック
1日1回、応援クリック!↓

人気ブログランキングへ
 サイトマップ
 このブログを検索
 カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事


    ブログパーツ