FC2ブログ
スポンサードリンク
HOME > 経済情報 > 別の可能性 ハンガリー、アイスランドに続け

別の可能性 ハンガリー、アイスランドに続け

スポンサードリンク

  

さて、デフォルトデフォルト。
しばらく夢も希望もないことを書いたのですが。

ワタスはいつも言っています。
この世の中には2つのエネルギー状態があります。
一方が闇だとすれば、光も存在する。

今後、11月にかけて米国債がデフォルトし、世界経済が混乱する。
流通がストップし、世界中に暴動が巻き起こる。
そして混乱を収束させるという名目で、世界統一通貨が現れる。
良くある弁証法。正反合の動きです。
問題発生→解決の中で奴らは目的を達成するのです。

8bea3233.jpg

それが闇の勢力の描いたシナリオなら、そうはさせじとする勢力が必ず存在します。
闇の勢力がいるなら、一方で光と呼ぶべき勢力。人々をどうにか助けよう。
善意だけの存在も必ずいます。
今、世界の動きを見るに闇の勢力だけのシナリオでは決してない。
人間はそれほどバカじゃない。
そうそう、世界は単純にはいかないのです。

闇のシナリオに対するカウンターのような動きも始まっています。

何度も言うように中央銀行システムは奴らの作りだした打ち出の小槌ですよね。

当たり前ですが。
例えばワタスが自分で通貨を発行する。
金玉通貨を勝手に発行して、それが日本国通貨になったらどうなるでしょう。
タクシーに乗っても、はい金玉通貨2万です。お釣りはいりません。
そういう気前の良いことができますよね。

キャバクラに行ってお姉さんのオッパイやお尻を触りまくっても
くほほほ。
はい。金玉通貨10万です。
また来ますねとニコッと笑えば逆に感謝される始末です。

こ、この野郎。羽振り良く好き放題やりやがって。。
そうやって好き放題やっていたら、どこぞの検察や政治家、反対勢力に睨まれても。
まぁまぁ、君達。
そんなに目くじら立てずに。。
100億金玉あげますよ。自由に使いなさい。
そうやって買収することもできます。

MayerRothschild.jpg
我に通貨発行権を与えよ。さすれば法律など誰が作ろうと構わない。



いみじくも初代マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドさんが言ったではないですか。
通貨発行権さえ握れば誰だって買収できてしまうので
どこの誰が法律を作ろうが関係ないのです。

その昔、ケネディ大統領が暗殺されますた。
なぜ暗殺されたのか、いろんな理由が取りざたされていますが、一説にはエグゼクティブオーダー11110という法案が理由だと言われています。
エグゼクティブオーダー11110は、FRBではなく、政府が通貨を発行できるようにしましょう(政府紙幣)という法案だったのですた。

これをやられてはたまらない。
奴らは自分たちの力の源泉、錬金術が奪われるのですから、一番恐れる話なのです。
だからこの法案を通したケネディさんは、法案を出すが早いか瞬速の速さで暗殺されてしまったのですた。
同年11月22日にケネディ大統領は暗殺されます。
財務省によって発行された総額42億ドルの政府紙幣は、ケネディ暗殺後、速やかに回収されています。

第16代米大統領のリンカーンも政府紙幣を発行しています。リンカーンも暗殺されています。

その昔の暗殺されたと噂になった中川昭一 財務大臣も自民党内で政府紙幣を言い出した人と言われています。政府紙幣というのは実は奴らが一番困る話なのです。

ぇえ?
以下、こういう事実を知っていたらとてもじゃないが、怖くてできない。
そういうことを平然とやり始めた勇気のある人達がいます。
今、暗殺をものともしない動きが始まっています。

ハンガリーとアイスランドです。

まずはハンガリーから。

ハンガリーとはここです。
a21Dj2013_000396.jpg
(概要)8月31日付け:ラミーコのブログさんより

ハンガリーは世界で初めてグローバル銀行を追放しようとしている。

(ビデオ 概要)

ハンガリーは世界発の歴史的快挙を成し遂げようとしています。1930年代のドイツ以来、主なヨーロッパ諸国はロスチャイルドが支配するグローバル銀行カルテルによる縛りから開放されようとはしませんでした。
今回、このようなグローバル銀行の独裁者集団から自由を勝ち取るための戦いを全世界の愛国者らに促すことになる驚くべきニュースが飛び込んできました。

ハンガリーのビクトル・オルバーン首相は、2011年に、前首相(社会主義者)が、テロリスト国家のイスラエルとIMFの厳しい方針に従い、国民を底なし負債の奴隷にさせてしまったことに関し、前首相に対する法的処置を実施すると国民に約束していたのです。
ハンガリーの前政権は、上層部までイスラエルにむしばまれていました。その結果、国民の怒りを買い国民は現政権(フィデス党)を選んだのです。

ナショナル・ジャーナルというドイツ語ウェブサイトの記事によると、オルバーン首相は、高利貸し(グローバル銀行の独裁者集団)をハンガリーから追い出そうとしていると伝えられています。
国民から高い支持を得ている愛国者のオルバーン首相はIMFに対して、ハンガリーはこれ以上ロスチャイルドが支配する民間の中央銀行であるFRBからの支援を受けないと伝えました。
その結果ハンガリー政府は、独自の通貨の支配権を取戻し、必要なときに、負債のない通貨を発行することができるようになったのです。
そして巨額の負債で身動きが取れなかったハンガリーの経済が急速に回復してきました。


これはかつての民族社会主義ドイツと同じ状況です。ハンガリーの経済省は、規律ある予算政策により、2013年8月12日に、2014年までにIMFに返済すべき負債(22億ユーロ)を完済したと伝えています。
オルバーン首相は「ハンガリーは、IMFやFRBやロスチャイルドが支配するグローバル銀行の干渉なしに、投資家の信頼を勝ち取った」と宣言しました。
また、「ハンガリーに投資する投資家は国や国民を豊かにする真の経済成長を促している。」とも言いました。これは金権政治家による表面的な繁栄を示すものではありません。
国民に雇用機会を与え、生活の改善を促す生産的な投資なのです。ハンガリーは負債を抱えた奴隷の立場から解放されました。

そして、民間の金融機関を豊かにするのではなく、国民の福利厚生の目的で政府が直接運営するハンガリー中央銀行の総裁は、IMFに対し「古代ヨーロッパの地から出ていくように!」と要請しました。
さらには、ハンガリーの検事総長は、アイスランドの取り組みに追従し犯罪行為による巨額の負債を国民に負わせた罪で、前首相と2人の元首相を告訴しました。


さらには、今後ハンガリーが実施しようとしている外国為替のバーター取引制(かつてのドイツが実施していた制度であり、BRICSはすでに導入している制度)が始まればハンガリーの既存の金融機関は完全に破壊されるでしょう。

そしてもしアメリカがハンガリーのやり方を追従すれば、アメリカも金融独裁者らから解放され再び平和的に繁栄することができるようになるでしょう。




そして以下はアイスランドの去年の動き。

アイスランドとはここです。
a21Dj2013_000398.jpg

主流メディアは報道しないが、既に、アイスランドで無血革命が進行している!
ハートの贈りもの―2013―黄金時代01年さんより
icelandic-revolution.jpg

主流メディアが報道しないので、私たちはほとんど知りませんでしたが、アイスランドで、国民による無血革命が着々と進行しています。

アイスランドが2008年にデフォルトし、その際、借金を踏み倒したこと、そしてその後、わずか4年で、国債の格付けを投資適格まで引き上げるのに成功したことは、以前、お伝えしましたが。その他の詳細を、私も知りませんでした。ここまで進んでいたとはネ!

― 内閣総辞職
― 中央銀行国有化
― 経済に関する決定を、国民投票で
― 責任者たちを投獄
― 国民による憲法改正

何故、(奴らに支配された)主流メディアが報道しないかというと、もちろん、今、危ないギリシャやアイルランド、ポルトガル、スペインに、真似されると困るからですよね。でも、、、、、真似すると思いますよ。笑) 元々、国際金融ギャング団が、違法に、国家を罠にはめて、国の資産を乗っ取るために背負わせた借金なのですから。

アイスランドの無血革命、時系列で要約すると、以下の如くなるようです。

2008年
中央銀行を国有化。貨幣クローナが無価値になり、株式市場は停止。国家は破産した。
iceland_0205.jpg

Protest in Iceland’s capital city, Reykjavik, Jan. 24, 2009

2009年
国会前で、国民が抗議行動。内閣総辞職で、総選挙。ひどい経済状況。この時、提案されていたのは、国家の負債として、35億ユーロをイギリスとオランダに、月賦で15年間、5.5%の金利で支払うことであった。

2010年
国民が抗議デモで、国民投票を要求。2010年1月、大統領は、提案を拒否し、国民集会を宣言した。

3月、国民投票により、支払い拒否が93%で可決。この間、政府は、この危機を招いた責任者たちに対する捜査を行い、多くの企業役員や銀行家が逮捕された。

インターポールが、犯罪に関与したグループに、国外退去を命じた。この危機を通じて、憲法改正を行うための国民議会が選出された。522人の立候補者から、無所属の25人の市民が選ばれた。候補者の資格は、成人で、30人のサポートを得ていること。

iceland_crowdsource.jpg


25人の市民は、新憲法の草稿を、国会に提出した。この普通の住民からなる25人は、オンラインで、何百人もの他の住民の助けを借りて、その書類をまとめた。

2011年
2月から、憲法集会がスタートした。全国の多様な集会が推薦するマグナカルタを提示。これは、現在の国会と次の正式選挙を通じて承認されなければならない。

2012年
6月30日に提案されていた国民投票は、国会により延期され、次の日程はまだ決まっていない。

さらに、驚きのニュースです。アイスランドは、国民に対して、住宅ローンを免除したそうです!

Iceland Forgives the Mortgage Debt of its Population

やれば、できるんですね! いいなあ、住宅ローン免除って! 皆さん、そう思いません? 



米国債デフォルトは闇の勢力がしかけるシナリオです。
しかし、シリア戦争をしかけ第三次世界大戦をおっぱじめる作戦も失敗した。

こういうのを見ると奴らの作戦はうまく行ってないように思えます。
何かが始まっている。
今、光の勢力による猛反撃が始まっています。

デフォルトがなんぼのもんじゃい!
もし、たった今のデフォルト騒ぎ渦中のアメリカがこの動きに追従すれば。。
奴らがしかけるシナリオも、蓋を開けてみたらびっくり仰天。
まったく別のシナリオが動き出す。

もしかしたら希望もあるかもしれません。
そう思っています。

本当にありがとうございますた。

・直近イベント
12月2日(金)人類の未来と闇の権力者の実態 in渋谷 元と学会

スポンサードリンク

 

FaceBookページ始めますた
人気ブログランキングに登録してます。ただいま3位!
↓1日1回応援クリック


関連記事
[ 2013/10/21 10:33:18 ] 経済情報
  最新記事
 応援クリック
1日1回、応援クリック!↓

人気ブログランキングへ
 サイトマップ
 このブログを検索
 カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事


    ブログパーツ