スポンサードリンク
HOME > 地震・火山 > X3.3太陽フレア発生! 千葉沖での巨大地震の可能性

X3.3太陽フレア発生! 千葉沖での巨大地震の可能性

スポンサードリンク

  

さて、昨日X3.3の大規模太陽フレアが発生したようです。

a21Dj2013_000439.jpg
a21Dj2013_000438.jpg

それに伴いちょっと千葉沖が揺れたようです。
20131106tibatohookijishin.jpg

なんだか最近、大き目のフレアが続いてますね。
以下はここ数日のフレア発生状況です。

あはぁ?
こ、これは。。

10月24日 M9.3
10月25日 X1.7 X2.1
10月28日 X1.0
10月30日 X2.3
10月31日 M1.9
11月2日 M6.3
11月3日 M4.9 M1.6
11月5日 M2.5
11月6日 X3.3 大規模フレア発生


いかん。
こんなに続くとマズイ。。

最近、ワタスは地震どうのこうの書いてませんですた。
もう飽きてしまったのと、いくら書いても引っ越さない人は引っ越さないからです。
ワタスの周りを見ても危機感のある人は既に移動を終えますた。
だからもう書く必要もないか。。と思ってるからです。

それともう一つの理由。
前から言ってるように、ワタスはあくまで今年は起きない。
意地でも起きないと考えているからです。

なんだ?
今まで玉蔵は、き、金玉がぁぁ。
ガクガクガクガク
o0640048012313868551.jpg

今すぐ地震が起きるから逃げろ!
そんなことばかり書いてたじゃないか。
いつから真逆になったんだ?
そう突っ込まれるかもしれませんが。

理由は、キネシオロジー。
疎開村にいらっしゃった多くの人の筋反射テストをした結果言っているのです。
今回、特別サービスでその結果を書くことにしましょう。

ワタスはこの9月に以下のようなハイパー既知外本を出しましたよね。
うーん。誰なんだこの右横の人物は。。


そこで、このように書いてますた。

キネシオロジーの反応で調べた結果は、2013年4月12日前後です。
もうひとつ反応が出たのは2014年1月~2月です。


4月12日は何かと言うと淡路島の地震があったのでした。

20130413053320-20130413113009-large.jpg

今年、震度6以上を記録した地震はこれだけです。
以下、気象協会のサイト。
2013年では確かに淡路島以外では、震度6以上の大きな地震は来ていません。
a21Dj2013_000440.jpg
日本気象協会のサイトより

キネシオロジー恐るべし。
ドンピシャで当たりですた。
そこからかなり信頼がおける予測方法だと思ってこのように書いているのです。

さて、ワタスが現在、一番気になってるのはこれですね。
暴走ならぬ千葉房総沖です。

GPSデータにより巨大地震の可能性が指摘されています。


房総半島沖で大地震の可能性 GPSデータ解析で

http://matome.naver.jp/odai/2133368488224136701

30日開かれた地震予知連絡会の定例会合で報告されました。それによりますと、
国土地理院がGPSのデータを解析した結果、房総半島の先端付近の地点が観測を始めた
平成9年から14年間、毎年3センチ程度北寄りに移動し続けていることが分かったということです。
2012年 5月 31日(木曜日) 14:21

20120531112104.jpg
ae1b6c86.jpg
国土地理院は、30日開かれた地震予知連絡会の定例会合で、関東大震災を引き起こした震源域とは別に、千葉県の房総半島沖で大地震が起きる可能性があると報告したと各紙が報じた。GPSのデータを解析した結果、房総半島の先端付近の地点が観測を始めた平成9年から14年間、毎年3センチ程度北寄りに移動し続けていることが分かったという。
房総半島沖では、陸側の岩盤の下に南からフィリピン海プレートと呼ばれる岩盤が潜り込んでいることから、国土地理院は、岩盤が押されて地震を引き起こすひずみがたまり続けているとみています。
神奈川県の三浦半島付近も、同じようにひずみがたまり続けていますが、大正12年にマグニチュード7.9の関東大震災が起きてひずみはいったん解放され、一方、房総半島沖では、少なくとも300年間は大地震が起きていません。

このため、国土地理院では、関東大震災を引き起こした震源域とは別に、千葉県の房総半島沖を震源域とする大地震が起きる可能性があるとみて、今後、地震の規模や繰り返し間隔などを詳しく調べることにしています。

西村卓也主任研究官は「この地域で地震が起きた場合、マグニチュード8クラスの地震になる可能性がある。観測の精度を高めて地震想定の見直しに役立てるようにしたい」と話しています。



これは産経新聞のニュース
房総半島沖のプレートは単独ですべると書いています。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120531/dst12053107590003-n1.htm

f62f23ed0c310f50220f441bc7393623.jpg

関東大震災などの大地震が起きる相模トラフ沿いで、房総半島南東沖のプレート(岩板)境界が単独で滑り、数百年間隔でマグニチュード(M)8級の地震を起こす可能性のあることが産業技術総合研究所の調査で分かった。30日の地震予知連絡会で報告された。

 相模トラフはフィリピン海プレートが陸側プレートの下に沈み込む場所で、M8級の関東地震が起きる。震源域は相模湾と房総半島南東沖に大別され、前者は関東大震災の震源域で、両者が連動すると大規模な元禄型関東地震が発生。房総半島南東沖が単独で地震を起こすことは想定されていなかった。



その他、週刊プレイボーイ誌は単なるエッチ雑誌と思いきや時々地震関連で秀逸な記事を書いてます。
房総半島では方位磁石の針が狂うという指摘です。

a21Dj2013_000437.jpg
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/06/03/4911/
今回の震災では「首都圏直下型地震」が引き起こされる危険が高いという。それを裏付けるデータが房総半島の「磁気異常」だ。海洋学者の辻維周氏によれば、房総半島北東の犬吠埼から南端の野島崎まで約200キロメートルの太平洋沿岸で、2009年頃から方位磁石の針が大きく狂う異常現象が頻発している。

地震発生前に自然界で起こる多くの異変(宏観現象)について研究してきた、大阪市立大学名誉教授の弘原海清理学博士(今年1月逝去)は2009年の調査時に、こうした磁気異常が表す意味をこう解説している。

房総半島と周辺海底の岩盤内部で圧力、つまり地震エネルギーが高まり、細かい亀裂が生じるときに起きる放電現象(ピエゾ効果)が地上の磁場を歪めているのでしょう。1923年の関東大震災(M7.9)の数ヶ月前にも、震源域の南東約50キロメートルの野島埼灯台でコンパスが狂い始めたそうですから、今回の磁気異常も大規模な地殻破壊(本震)が起きる前ぶれとみられます」

弘原海博士の言葉通り、それから約1年半後に東日本大震災が起こった。そして現在、磁気異常は収まるどころかさらに拡大を続けている。調査を続けていた辻氏によると、これまで異常が見られなかった房総半島北部、さらには江東区や江戸川区といった東京湾沿岸の臨海地区でも次々と磁気異常が観測されている。なかでも、東関東自動車道の大栄PAでは東へ140度、そして酒々井PAでは磁針が南北逆転するほどの大きなズレがあったという。
(取材/有賀 訓)



それで、ん?
キネシオロジーによる地震発生予測2014年の1月~2月。

まさかなぁ。。
まぁ、毎度、予言などというバカバカしい情報を書いて申し訳ないのですが。

これがどうも気になる。
非常に当たってます。
その昔、ヤフー知恵袋に投稿された記事が3.11を予言していたとさわがれてたものです。

3.11大地震を予言していた「妹の予言」がスゴイ http://hibi-zakkan.net/archives/11124007.html より

2009年11月6日の投稿↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1132646366
E38195E382931.jpg


2011年4月11日の投稿↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1059961295
E38195E382932.jpg


2011年6月14日の投稿↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1264312357
E38195E382933.jpg



気になるのはこの3番目の予言ですね。
3.11の次の地震は1月上旬と言っていますよね。

妹は、3月11日の大地震の次は、確か年末から来年1月上旬までに千葉県沖で地震が来ると言っていました。(甥の誕生日が1月中旬なのですが「誕生日が迎えられないから可哀想」と言っていました。)日時も言ってましたが、どこにもメモをとってなく、すいません、分かりません。
なんせ妹は気が触れたと思ってたので、ほとんど聞き流してました。
地震は千葉県沖が震源地で、アクアラインを津波が逆流してきて?破壊されるのが見える、東京や神奈川県、千葉県の地下に水が流れ込み、想像を絶する位の人間が死ぬ、と言ってました。
この地震をきっかけに、東海地方でもたくさんのプレートが動いて、何日も揺れ続ける、富士山の爆発も起こり、浜岡原発も壊れて大変なことになると言ってました。
その後は日本は終わりだから「円」を持っていても意味がない、ただの紙切れになると言い、妹は保険などすべて解約して核シェルターを個人輸入しようとしていました。



この予言の東京や神奈川県、千葉県の地下に水が流れ込み、想像を絶する位の人間が死ぬ。
そもそも。関東地方。
縄文時代は海だったのですね。(水色のところが海)

000213.jpg
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214650187


これって以下の洪水シミュレーションマップとそっくりですよね。

http://flood.firetree.net/?ll=37,140&z=12&m=7
20120629120437cb2.jpg

昔海だったところは標高も低いのでしょう。
地盤も緩いので可能性はあると思っています。

こういうことを書くとまた恐怖を煽るなとか。
頭のいかれたスカポンチンさんが批判して来るのですが。

ワタスは地震ネタ以外に書くことは山ほどあるのです。
最近、こういう地震ネタは飽きてしまいますた。
ドブロクでも飲みつつドブロイさんのことを書いたりした方がよっぽど楽しい。

それでも書くのは、同じ日本人が大量に死ぬのが見るに忍びないからですね。
ただそれだけです。

今年は何だか暑すぎる。
もう真冬の寒さになっても良いのに。
そして、台風は震源地を回避すると言います。
いずれにせよ、勘の良い人は既に移動を終えてます。
そろそろ直感を働かせた方が良いように思いますが。

本当にありがとうございますた。

・直近イベント
12月2日(金)人類の未来と闇の権力者の実態 in渋谷 元と学会

スポンサードリンク

 

FaceBookページ始めますた
人気ブログランキングに登録してます。ただいま3位!
↓1日1回応援クリック


関連記事
[ 2013/11/07 09:53:00 ] 地震・火山
  最新記事
 応援クリック
1日1回、応援クリック!↓

人気ブログランキングへ
 サイトマップ
 このブログを検索
 カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


    ブログパーツ