スポンサードリンク
HOME > 地震・火山 > 火山情報:次の噴火は箱根山、焼岳、富士山、白根山、那須岳、吾妻山、伊豆大島、三宅島の可能性

火山情報:次の噴火は箱根山、焼岳、富士山、白根山、那須岳、吾妻山、伊豆大島、三宅島の可能性

スポンサードリンク

  

さて、御嶽山噴火で、次に噴火するのはどこだ?
と色々載っていたのでメモしときます。


以下は全国47カ所の監視中の活火山一覧。
20140929-00000020-wordleaf-063b0c9ccc3e8856446f9ab44610593cb.jpg

exc1409280730002-p2.jpg

で、その中でも以下を読むと、箱根山、焼岳、富士山、白根山、那須岳、吾妻山、伊豆大島、三宅島が危ないとのことです。

草津、上高地、富士山、伊豆諸島…噴火秒読み7火山
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/153712
2014年9月30日 日刊ゲンダイ

 御嶽山の噴火を受け、「火山噴火予知連絡会」の緊急会合が28日に気象庁で開かれた。気象庁は、地震計や傾斜計、空振計、GPSなどあらゆる計器を使って御嶽山の火山活動を監視していたが、噴火は「想定外だった」と言う。3.11の大地震もそうだが、予測が不可能なら、何のための予知研究なのかと言いたくなる。

 噴火は御嶽山だけの問題ではない。なにしろ、日本は活火山が110もある火山国だ。気象庁は、噴火で被害が出る恐れのある47火山を24時間体制で監視しているが、御嶽山は、その中でも特に活動が活発とされる23火山のひとつだった。
 立命館大環太平洋文明研究センター・歴史都市防災研究所の高橋学教授は「前兆が観測され、御嶽山の噴火は時間の問題だと分かっていた」と、こう指摘する。

「東日本大震災の影響で、日本中の火山が爆発準備に入っていると言っても過言ではありません。現在、御嶽山と同様に周辺で地震が頻発しているのが、草津温泉の近くの白根山と、上高地の焼岳です。御嶽山は、ユーラシアプレートの下にフィリピン海プレートが潜り込む南海トラフの上あたりに位置しますが、火山の下にある“マグマだまり”をフィリピン海プレートが強く押したことで、マグマが上昇したと考えられる。マグマの上昇は御嶽山だけではないはずで、3つのプレートの境界部にあたる富士山も噴火の危険が高まっています」

■人気観光地が危ない

 火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣会長(東大名誉教授)も、「富士山は活火山で、いつ噴火してもおかしくない」と明言している。
「富士山の下から、昨年の海底火山噴火でできた小笠原諸島の西之島新島までは南につながった同じマグマ群なので、そのエリアに連なる伊豆大島や三宅島の火山はマグマが上昇している可能性がある。他にも、日光で群発地震が起きていて、日光白根山那須岳も噴火の危険があります。これまで世界各地で発生したM9を超える巨大地震は、すべて4年以内に火山噴火を誘発している。それも、1回だけで済まないことが多い。東日本大震災から3年半。今回の御嶽山は水蒸気噴火でしたが、次はもっと危険なマグマ水蒸気噴火やマグマ噴火が起きる可能性が高いのです」(武蔵野学院大特任教授・島村英紀氏=地震学)

 そもそも温泉が火山活動の産物だから当然かもしれないが、噴火の恐れがあるのは人気観光地ばかりだ。
 それにしても、安倍政権になってからというもの、台風や集中豪雨など大規模災害による被害が後を絶たない。そこへきて、今回の御嶽山噴火。次は何が起きるのか、恐ろしくなってくる。


他の記事

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140929/dms1409291820006-n3.htm
全国危ない47火山 箱根山、富士山、那須岳など…専門家が警告!
・・・略・・・
怖いのは日本全国に分布する活火山が、御嶽山と同じような噴火リスクを抱えていることだ。
 山元氏は「特に風光明媚(めいび)で温泉も あって、という火山には多くの人が集まるため、噴火すれば大きな被害が出る。関東近辺なら、1977年に噴火した福島の吾妻山、63年に噴火した福島、栃木にまたぐ那須岳が危ない。行楽スポットとして人気の箱根山も同様だ」と警告する。

 武蔵野学院大学の島村英紀・特任教授(地球物理学) も「箱根山は昨年5月ごろに群発地震が発生しており、気になる。ケーブルカーも止まるほどの揺れで、大涌谷の近くで噴気が増えて林が枯れているスポットが あり、噴火の兆候らしきものが出ている。それと約300年も噴火が起きていない富士山にも警戒が必要だ。静穏期が終わって火山活動が再び活発化する可能性 がある。静穏期はいつ終わりを迎えてもおかしくはない」と警告する。

 火山学では噴火の周期性がはっきりしていないのが厄介で、「三宅島のように短いスパンで噴火を繰り返すものもあれば、長い静穏期を経て噴火するものもある」と山元氏。すべての活火山に噴火の恐れが伴うことを再認識しなければならない。

またこんな記事もありましたのでメモしときます。
 

御嶽山噴火パニック 登山者の生死を分けた“境界線”とは?
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/153711
2014年9月29日 日刊ゲンダイ


 週末に起きた御嶽山の噴火。ちょうど昼食時だったこともあり、山頂にいた多くの登山者が犠牲になった。これまで4人の死亡が確認され、27人が心肺停止 状態となっている。下山できた人も「一歩間違えば死んでいた」と口々に語った。“生死”を分けた境界線は何だったのか――。

「空から無数の噴石が落ちてきた」
「粉塵で真っ暗になり、息もできなくなった」
「目の前で人が火山灰で埋まった」

 これらは助かった人たちの声だ。麓の長野県立木曽病院で手当てを受けた十数人は、気道熱傷や打撲を負っていた。火山灰を吸い込み、喉をやけどしたり、呼 吸困難に陥ったり、噴石が体に当たって負傷したとみられる。「火山灰」「噴石」「火山ガス」が主なダメージの原因のようだ。

 九死に一生を得た人たちは、どんな行動をとったのか。

 噴火口は、頂上の剣ケ峰付近とみられ、近くに2つの山小屋があった。そこに逃げ込めた人は生き延びた。まず、生死を分けたのは、屋内に素早く逃げ込めたかどうかだった。

thumd2497.jpg

■風上に逃げ、一刻も早く下山

 山小屋までたどり着けなかった人はどうしたか。頂上にあった神社の軒下に数十人が身を寄せ、生きながらえた。社務所の窓を割って中に避難した人もいた。

 社務所に逃げ込むことができた松戸市の女性(69)は「噴石が次々と襲いかかり、とっさに頭の上にのせたリュックに大きな石が当たった。中の魔法瓶がぺしゃんこにつぶれた」と話した。魔法瓶が命を救ったのだという。

 逃げ込める建物が近くになかった人は、どうやって生き延びたのか。

 地元のアマチュアカメラマンの男性(63)は、近くにあったハイマツの枝の下に逃げ、その後、持っていたタオルで口の周りを覆って下山したという。山岳 ガイドの女性(43)は、近くの岩陰に身を隠したという。とっさの判断で、手をお椀のようにして地面に体を伏せ、呼吸できる空間を作って生き延びたという 男性もいた。この3人は、いずれも山に慣れていた。

 災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏はこう話す。
「少しでも助かるには、まず噴煙がどっちに向かっているかを見て風上に逃げること。噴石でケガをするので、ザックで頭部を守ったり、帽子やタオルを頭に巻 く。御嶽山のような3000メートル級の登山では本来はヘルメットを持参すべきです。山小屋に避難するのはひとつの判断ですが、噴石で天井が抜けたりする ので、一時的に小屋に逃げても、早めに下山した方がいい。もっとも、今回のような想定外の急な噴火では、かなりの部分で運が左右することは否めません」

 十分な知識と瞬時の判断が大事なようだ。

20140929k0000m040106000p_size8.jpg


ワタスは箱根山が危ないと思ってますが。
いろいろ載ってたのでメモでした。

本当にありがとうございますた。

・直近イベント
12月2日(金)人類の未来と闇の権力者の実態 in渋谷 元と学会

スポンサードリンク

 

FaceBookページ始めますた
人気ブログランキングに登録してます。ただいま3位!
↓1日1回応援クリック


関連記事
[ 2014/10/01 18:12:17 ] 地震・火山
  最新記事
 応援クリック
1日1回、応援クリック!↓

人気ブログランキングへ
 サイトマップ
 このブログを検索
 カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


    ブログパーツ