スポンサードリンク
HOME > 地震・火山 > 箱根山 蒸気エリア拡大 膨張傾向も確認 5/22近辺注意か?

箱根山 蒸気エリア拡大 膨張傾向も確認 5/22近辺注意か?

スポンサードリンク

  

さて、昨日今日は、嬉し楽しのお田植え会。
その模様は明日にでも載せるとして

以下、気になる箱根山の続報
蒸気エリアが拡大しているとか。



また、山体の膨張傾向を確認とか。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2487319.html
気象庁、箱根山の膨張傾向を確認
火山活動の活発な状態が続いている箱根山で、山がわずかに膨らんでいる傾向が、気象庁の観測装置で新たに確認されたことがわかりました。
気象庁などの観測によりますと、箱根山の付近では、8日午後5時までに火山性地震が59回観測されるなど、依然として火山活動が活発な状態が続いています。

  気象庁によりますと、神奈川県湯河原町に設置された山のわずかな膨らみや縮みなどの変化をとらえる「体積ひずみ計」のデータが、8日までに、山が膨らんで いることを意味する「伸び」の傾向を示していることが新たに確認されました。こうした傾向は、気象庁の「傾斜計」や国土地理院のGPSなどでもすでに確認 されていて、大涌谷の地下で、水蒸気や火山ガスによる圧力が高まっていることを裏付けるデータとして注目されます。(08日20:39)


また100メートル範囲で地殻変動が起きていて、6センチ隆起しているとあります。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150508/k10010073351000.html
大涌谷半径約100mで地殻変動
火山活動が活発になっている神奈川県の箱根山の大涌谷について、国土地理院が衛星によるレーダー解析を行った結果、最近になって大涌谷周辺の半径100メートル程度の範囲で地面が隆起し、
中央付近では最大で6センチほど隆起しているとみられることが分かりました。

国土地理院は、火山活動が活発になっている箱根山の大涌谷周辺の地面に変化がないか、
地球観測衛星「だいち2号」がレーダーで観測した去年10月と今月7日のデータを比較し、解析しました。


ただ、過去の例から、そこまで大きな噴火にはならないだろうと言ってますが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150508-00000587-san-soci
気象庁は今回の箱根山の火山活動で水蒸気噴火が起きた場合、被害の発生地域は、避難指示が発令されている大涌谷の半径約300メートル内と想定しており、その範囲外に被害が及ぶ可能性は低いとしている。
箱根山で起きた直近の火山活動の活発化は平成13年。群発地震が発生し、大涌谷で暴噴が起きたほか、地下のマグマの圧力が高まって山が膨らむ「山体膨張」も確認されたが、噴火には至らなかった。


まぁ、どうなんでしょうか。
確か御嶽山の時もそんなことを言ってたのに噴火した気がするのですが。

ちなみに御嶽山の例で言うと、一度、火山性地震が急激に増えて10日ぐらいでピークになる。

DAFZCV220150425000015.jpg

そして、そこからちょっと収まって16日ぐらいでドカーンと噴火しました。
9月27日忘れもしない。
ワタスが御嶽山に上ってた日ですね。


その例でいうと、

箱根山は5/5で火山性地震がピークになったのだから、
16日後あたりの5/22が危ない?ような気もしますね。

20150510hakoneyama10.jpg

まぁ、くれぐれも気を付けましょう。

本当にありがとうございますた。 

・直近イベント
12月2日(金)人類の未来と闇の権力者の実態 in渋谷 元と学会

スポンサードリンク

 

FaceBookページ始めますた
人気ブログランキングに登録してます。ただいま3位!
↓1日1回応援クリック


関連記事
[ 2015/05/10 13:01:40 ] 地震・火山
  最新記事
 応援クリック
1日1回、応援クリック!↓

人気ブログランキングへ
 サイトマップ
 このブログを検索
 カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事


    ブログパーツ