スポンサードリンク
HOME > 地震・火山 > 【続報2】浅間山噴火 大規模な噴火になる恐れはない?

【続報2】浅間山噴火 大規模な噴火になる恐れはない?

スポンサードリンク

  

噴火だ!噴火だ!
緊急避難!総員避難!!

そこのあんた!
考えるな!噴火なんだ!

そうやって騒いでるのはワタスぐらいのようです。

ぽか~~ん。

現地の人はいたって冷静のようです。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2518649.html
けが人の報告は入っていないが、群馬県警・長野県警が確認を急いでいる

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000052720.html
浅間火山博物館の職員:「硫黄のような匂いとかは一切感じない。車の屋根くらいしか火山灰らしきものは気付かなかった」

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00294964.html
噴煙の状況は厚い雲に覆われ、視界不良のためよく見えず

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2518649.html
軽井沢町によりますと軽井沢町では灰は降っておらず、住民からの問い合わせもなし


うーん。
まったく危機感皆無。
どこまでも正常性バイアスの抜けない人達のようですが。

まぁ、確かに曇ってて噴火が全然見えなかったのが理由かもしれませんが。


GDDFYV220150513.jpg

GDDFYV220150511.jpg

GDDFYV22015055.jpg



気象庁発表。
今後、大規模な噴火になる恐れは低いと言ってます。




これは本当でしょうか?
御嶽山も確かこんなことを言ってて噴火しましたよ。

ったく。

こんなガセ報道を信じてはダメです。
そもそも、日本の火山研究者は実質30名しかいないし、学級崩壊状態なのですから。

これだけ火山があるのに日本全国でたった30名?
どう考えても正確な予知などできる訳がないのです。

http://www.nippon.com/ja/currents/d00146/
日本の火山研究者は「40人学級」—御岳山噴火で露呈した危機

文部科学省によると、国内の大学で火山観測に携わる教授・准教授・講師・助教・任期付き研究員は年々減り、現在47人。国策として増やす方向を続けてきたイタリアは、定義がやや違うが150人以上という。日本の研究者は随分前から自国の体制を「40人学級」と呼んできたが、現在は「実質は30人程度」「学級崩壊も近い」と悲鳴が上がる。

「ホームドクター」のように、研究者が常駐する火山も少なくなり、現在は有珠山や普賢岳、桜島、阿蘇山、草津白根山にすぎない。例えば東京大学はかつて霧島や伊豆大島などの火山観測所に教官や技官を配置していたが、ほとんど無人化した。御嶽山や富士山はもともと常駐していない。

こうした事態の深刻さが叫ばれて久しいが、問題の根は深い。


だいたい、今後、大規模噴火にならないなどと何を根拠に言ってるんでしょうか。

浅間山っていったらあんた。
ここですよ。

ユーラシアプレートと北米プレートの境界です。
111015puleto-2a.jpg

これを見れば、浅間山がドカンと行って、富士山がいくのが分かるでしょう。


浅間山は、過去の噴火を見るとかなり人が死んでます。
現在の浅間山は標高2,568mですが、数万年前までは標高2,800mの富士山型をしてたのでした。

以下、浅間山の噴火の歴史。
群馬大学の地質学者・早川由紀夫氏が詳しく書いています。

過去に起きた大規模な噴火は次の2つがあるようです。

1)    天仁の大規模噴火(1108年)
2)    天明の大規模噴火(1783年)

ama2_051.jpg






1)1108年天仁大噴火
「追分火砕流は山頂火口から南北両方向に流下し,軽井沢町追分・小諸市石峠・嬬恋村大笹・長野原町北軽井沢に達した.多数の死者があっただろうが,火砕流による被害状況は記録に書かれていない。」
(出典:『史料に書かれた浅間山の噴火と災害』)



2)1783年の天明大噴火
「この噴火による死者は,8月4日に軽井沢宿にいて降ってきた軽石にあたった2人(田村・早川,1995) と,翌5日に発生した鎌原岩なだれとそれから転化して吾妻川を下った熱泥流に巻き込まれた1400人余であるという。」
(出典:『史料に書かれた浅間山の 噴火と災害』)



1400人も死んでるのか。。

以下は、非常に気になる発言。
口永良部島の噴火がありましたが。
それを当てた立命館大学の高橋教授がこんなことを言ってます。

http://www.jprime.jp/tv_net/saigai/13877/ より
「東日本では十勝岳、栗駒山、蔵王山、吾妻山、日光白根山、草津白根山、浅間山で、いずれも壊滅的な噴火がここ1年以内に発生する危険性があります。



壊滅的噴火が1年以内。。
浅間山の可能性もある。

とにかく気象庁のガセ報道などスルー。
自分の身は自分で守りましょう。

軽井沢の皆さんはさっさと荷物をまとめて退避!

本当にありがとうございますた。
・直近イベント
12月2日(金)人類の未来と闇の権力者の実態 in渋谷 元と学会

スポンサードリンク

 

FaceBookページ始めますた
人気ブログランキングに登録してます。ただいま3位!
↓1日1回応援クリック


関連記事
[ 2015/06/17 07:51:30 ] 地震・火山
  最新記事
 応援クリック
1日1回、応援クリック!↓

人気ブログランキングへ
 サイトマップ
 このブログを検索
 カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


    ブログパーツ