FC2ブログ
スポンサードリンク
HOME > 経済情報 > この相場は秋までについて

この相場は秋までについて

スポンサードリンク

  

さて、今日も株価が下がってるみたいですね。

27日の東京株式市場は値下がりし、日経平均株価(225種)の終値は、前週末比469円80銭安の1万4142円65銭と、今年2番目の下げ幅となった。
 東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は40・01ポイント低い1154・07。東証1部の売買高は約39億7900万株だった。
(2013年5月27日15時12分 読売新聞)


まぁ、新しい読者さんは知らないかもしれませんが。
今でこそワタスのブログは音楽ブログなどと言っているのですが
その昔は泣く子も黙る先物ブログランキング堂々1位に輝くハイパーなブログだったのですよ。
そこんとこ分かって読んでる方はどれぐらいいるでしょうか。


・直近イベント
12月2日(金)人類の未来と闇の権力者の実態 in渋谷 元と学会

今でこそ腑抜けのようになって
くほほほ。いらっしゃいませー。黄金コーヒーをどうぞ。
などとやってるワタスですが。
昔は玉蔵が来たなどと言ったら、そこらへんのヘッジファンドの連中が恐怖で失禁していたぐらいです。

それなのに。
何故、今、音楽ブログなどになってるのか。
なぜ疎開村等々でカフェをやってるのか。
さっぱり意味が分かりません。

自分でもその変遷ぶりに唖然とします。

ガクガクガクガク
意味が分からない。

誰なんだこのブログをこんな風にしたのは。
いったい誰なんだ!
時々、股間に向かって叫びたい衝動にかられる時があります。
今日もキツネにつままれつつ書くブログ。
それがワタスのブログです。

それにしても。
株取引などと。。

大抵の場合、素人はカモにされておしまいなのに。
よいしょっと。
a21sd14ifouozfcm,ewrj2013_000423
なんで皆様は好んで自らネギをしょって奴らの鍋の中に入って行くのでしょうか。

3年前の2010年1月4日 東証がアローヘッドになりますたよね。

東証が今年1月4日から株売買の新しい高速取引システム「アローヘッド」を導入した。これより上を行く高速・高頻度取引(HFT:High-Frequency Trade)は、ゴールドマン・サックスや大手ヘッジファンドが膨大な資金を投じて超高速コンピューターを導入し、取引に使っている。今や、ニューヨーク証券取引所における、この高速取引のシェアは7割に迫っている。ゴールドマン・サックスは、2009年4~6月期に年間換算にして5兆2000億円(日本の法人税の半分)に上る異常な収益を叩き出したが、これは「ロボット・トレーディング」によるものだ。2008年9月のリーマン・ショックから10月10日にかけて、日本の株式相場は連日1000円、1000円と通常では考えられないような暴落を起こした。ここには、既にロボットによるプログラム売買があったのは明らかだ。市場は、もはやコンピューター・ゲームの主戦場、ロボットの主戦場となりつつあり、それを操る「少数の者達」のものとなっているそうだ。ハーバード大学の天才的数学者ジェームズ・シモンズ率いる、世界最強のヘッジファンド、「ルネサンス・テクノロジー」やアメリカ政府直属のゴールドマン・サックスでも、投資におけるコンピューター・高速取引ソフトの開発競争が熾烈に行われているという状況だ。



ふーーーーー。
ワタスは呼吸法によって潜在能力の99%まで出し切れます。
あたぁぁぁ!
ワタスは0.03秒でマウスをクリック出来ます。
だからその当時、並みいるヘッジファンドに勝てた。
そして先物ブログランキング1位に輝いたのです。

↓その当時、株取引している最中のワタス
kenshiro_atatatatatata.gif

これはもちろん鍛えられたワタスだからできる芸当ですた。
素人の鍛錬もしてない皆様が真似しようたって無理な話です。
生身のあなたがロボットボクサーと戦って勝てる訳ないでしょう。

↓あなたがやってる株取引とは本当はこんな感じなのです。
a21sd14ifouozfcm,ewrj2013_000422

百戦錬磨のワタスでさえ、株が暴落してマウスのクリックが間に合わなかったことがありますた。
あーたたたたた!
いくらクリックしても取引が追い付かない。

先物というのは、一定の額の証拠金を預けておいて取引をするのです。
暴落したものだから口座に入れていた証拠金がなくなってしまったことがありますた。
つぁぁぁあ。
証拠金が足りなくなると取引が続けられなくなってしまうのです。

外出先で気づいたので妻に電話でワタスの口座から証券口座に振り込むように指示したのですが、どう説明しても振り込め詐欺を疑って振り込んでくれなかった思い出があります。

あなたの夫の玉蔵です。玉蔵ですよぉお。
誕生日、住所、年齢でも信じてくれませんですた。
結婚記念日とか妻の誕生日のプレゼントまで言ってもまったく信用してくれませんですた。
とうとうタクシーをすっとばして家まで帰った覚えがあります。
金玉から冷や汗がにじみ出るとはこのことです。
しっかりしすぎた妻を持つのも問題ですね。

とかなんとか。

とにかく奥義を極めたワタスでさえこのような苦戦を強いられつつ取引をしていたのです。
まして奥義を身につけてない素人さん。
刺激が欲しいだけなら近所のパチンコでもやってましょう。


さて、このような超絶スカポンチンな話題はさておき。
ワタスはこの現在のアベノミクス相場は秋までと言ってます。
理由は以下です。

新札100ドル札が今年の10月に出る。
以下、2010年に出すはずだった新札を3年ぶりに出すことになったというニュース。

ニューヨーク(CNNMoney) http://www.cnn.co.jp/business/35031327.html?tag=top;topStories

米連邦準備制度理事会(FRB)は24日、 新しい100ドル札を10月8日に発行すると発表した。
製造工程で予想以上の遅れが生じたため、当初予定からは3年近くずれ込んだ。
新しい100ドル札は10年にわたる研究の成果を結集してデザインを刷新したとFRBは説明する。
特に偽造防止対策の強化には重点が置かれた。表面に印刷された青い3Dの帯は、札を前後左右に傾けると帯中の模様が動く仕組みになっている。
また、インクつぼと鐘の図柄、および右下の「100」の文字も、札を傾けると赤銅色から緑色へと変化する。


37e5606b-s.jpg

b8ec7f1cs.jpg

FRB広報によれば、100ドル札のデザインが刷新されるのはこれで4度目になるという。偽札作りの技術の進歩に伴ってFRBも頻繁な対応を迫られ過去20年だけで3度の刷新が行われてきた。新しいデザインは2010年に発表され、当初予定では2011年2月に新券が発行されるはずだった。



以下はリンゼーウィリアムさんの分析です。
この方の言うことがかなり的を得てると思うのでワタスはいつも載せてます。
リンゼーウィリアムさんとは元牧師さんなのですが、石油メジャーの重役にまでなった人でした。
その後、奴らの極悪非道な詐欺手口に嫌気がさして奴らの組織から抜けたのです。
そしてグローバルエリート達、奴らのインサイダー情報を暴露し始めた人です。

以下がリンゼーさん。


以下リンゼーさんの分析。

http://beforeitsnews.com/story/2169/060/Coast_to_Coast:_Urgent_Warning_From_Lindsey_Williams.html
元金融エリートの友人が言うには:
いつ世界同時金融崩壊が始まるかについて、ニューヨーク・ウォールストリートの証券市場の動きは無視しなさい。これから世界に起こることと、NY証券市場の動きは全く関係がありません。また、ギリシャやスペインやイタリアなど大問題を抱えているが、ユーロ問題も一切無視しなさい。なぜなら、ヨーロッパで起きている問題はこれから起きることとは関係ないのです。石油の価格についても無視しなさい。株やユーロが暴落するまで待っていたら大損害をするでしょう。家庭を守るために何をしたらよいかを教えましょう。エリートたちは何が起きても絶対に損をしません。彼等は大富豪になると、一般の人々の生活など忘れてしまいます。
イタリアは、財政破たんを延期しています。アメリカも世界各国、各地の財政も既に破たん状態ですが全て延期されています。アメリカではQE2~を実施して破たんを延期させています。なぜか・・・それは、金融エリートがわざとそのようにしているのです。彼等は世界中の国々の財政赤字を増やし続けています。どんどん増やし続けて、世界中の国々がこれ以上の負債を抱えられなくなったときに、突然、世界同時金融崩壊を起こす予定です。その後に登場するのは、彼等の計画するNWOです。

リンゼーさんのアドバイス:
エリートたちが世界同時金融崩壊を起こす前に世界の人々がしっかりと準備をしておけば、社会が混乱しても飢えることはないのです。いつ世界同時金融崩壊が起こるのかを知るには、まず、ニューヨークの証券市場やユーロ問題や石油価格は一切無視してください。
注意すべきはデリバティブ市場が壊れ始めるときです。デリバティブ市場がおかしくなると、世界同時金融崩壊が起きるのです。長年、ウォール街で超エリートとして働いていたトム・ファロー氏によると、35年前に、金融街で彼はあるエリートからデリバティブの商売を開始するように言われたのです。そして、エリートたちがデリバティブを始めた理由も教えてもらいました。デリバティブは、世界同時金融崩壊を起こすための手段として使われ始められたのです。
さて、デリバティブが壊れ始めるときはいつなのか・・・一般の人々が知る方法をお伝えします。

中略・・

では、金融崩壊の直前の兆しとは・・・金利が上がることです。1%の金利上昇により、1300万ドルの財政赤字が生じます。ドル紙幣は紙くずとなりますので、大金を持っているよりも、どこかに土地を購入して、野菜を育てた方が価値があります。金融崩壊後には、ゴールドやシルバーを基にした新しい通貨が発行されます。そのうちにゴールドやシルバーの価格がはね上がるでしょう。実物資産を今すぐにでも増やすことで、NWOなどに負けることはありません。
我々は、金融エリートに立ち向かい、最後には必ず勝ちます。彼等は世界人口のうちのほんの一握りしかいません。彼等が最も恐れていることは、世界中の人々が目を覚ますことなのです。今や、多くのアメリカ人が目を覚ましています。あなたの番組など多くの情報提供者のお陰で、多くの人々が急激に目を覚ましているのです。



良いですか。
リンゼーさんは株なんてほっとけ。無視しろと言っていますよ。

順調に行くと今年の10月頃はこんな感じになってるでしょう。
旧ドル札は新ドル札に交換しますよ。でも、交換比率は新札に対して1/20の価値になりますよ。新札は金との兌換(だかん)が可能ですが、旧札はできませんよ。国外の旧ドル札については一切新札には交換できません等々。
そんな風になるはずです。


今はゴールドはちょっと下がってるのですが、もうちょっとで反転するはずです。
今のうち一定間隔でコツコツ買っていくのが良いでしょう。

ワタスはゴールドなんて持ってても食べれないのでリンゼーさんのもう一つのアドバイス。
畑を耕し野菜を植えています。

本当にありがとうございますた。


↓金(ゴールド)のCFD取引ならこの証券会社がお薦めです。(全額信託保全、手数料無料 スプレッド幅最安)




スポンサードリンク

 

FaceBookページ始めますた
人気ブログランキングに登録してます。ただいま3位!
↓1日1回応援クリック


関連記事
[ 2013/05/27 21:09:28 ] 経済情報
  最新記事
 応援クリック
1日1回、応援クリック!↓

人気ブログランキングへ
 サイトマップ
 このブログを検索
 カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事


    ブログパーツ